大人って何なんだ

大人とは何かを考えたりする雑記ブログ。たまに本・漫画・音楽・旅・写真の話。

誕生日を祝う

Facebookの誕生日お知らせ機能にちょっとした不満がある。

 

Facebookの友達が誕生日を迎える前日だか当日だかに来る、「明日(今日)は◯◯さんの誕生日です!」というメッセージだ。

 

俺は自分の中でルールをつくり、およそ3年以上の付き合いがあり、なおかつ現在も交流が続いている知人の誕生日は積極的に祝うことにしている。

ちなみに3年というのはあくまで目安でしかない、3年経たずとも親しくなったり大変お世話になった方達の誕生日もお祝いする。

 

そして、その人達の誕生日は自分のアナログ手帳にちゃんと書き記し、当日がきたらメールかLINEかSMSか、ツールはともかく個人to個人でのメッセージでお祝いの言葉を送るように心がけている。

しかし、その人達がFacebook上で友達になっている場合、ひとつ気に食わない問題が発生する。

 

「明日(今日)は◯◯さんの誕生日です!」というメッセージが流れてくるのである。

 

俺は手帳に誕生日をちゃんと書き記して、彼らのことを祝おうとしている。

それをロボットに横槍入れられるのである。

要するに、その人の誕生日をその通知で初めて知った人たちの「おめでとう」と、通知無しでも誕生日を覚えていた人の「おめでとう」が同列に扱われるのが納得いかない。

 

「手帳に書いている時点でお前も自分の脳みそ使ってないじゃん、リマインダーに頼っているだけじゃないか」と言われるかもしれない、それは否定できない。

けれど、少なくとも俺は最初から最後まで自分の意思でその人の誕生日をお祝いしたいという気持ちでいる。

手帳に誕生日を書いてリマインダーをセットしたのも俺なら、その後それを見て誕生日を思い出す未来の自分も俺だ。

 

誕生日通知でその人の誕生日を初めて知って(あるいは思い出して)祝う人は、ロボットの意思をあたかも自分の意志であるかのように捻じ曲げている。

リマインダーをセットしたのは決してその人自身ではない、ロボット(あるいは誕生日を迎える本人の意志)なのだ。

 

誕生日ごときにそこまで考えるのは「重い」と言われるかもしれない。

しかし、誕生日をあまり祝ってもらったことのない俺は、どうしてもそういう考えをしてしまう。(このことについては後日また記事を書く予定)

 

何にせよ、誕生日を迎える人の一日が良いものでありますように、とはいつも考える。